小谷龍司 一覧

NO IMAGE

被相続人の財産を最低限相続する権利が遺留分です。

被相続人の財産を最低限相続する権利が遺留分です。 特定の人に全部相続させるなんていう遺言があっても、遺留分として請求できる相続人がいます。...

記事を読む

NO IMAGE

正しい遺言書を遺すには、公正証書が一番。

正しい遺言書をのこすには やはり公正証書遺言が一番です。 自筆証書遺言、秘密証書遺言などもありますが、遺産を残したい人と一緒に公証役...

記事を読む

NO IMAGE

遺言はどんな効力を持つか。

一番確実なのはやはり公正証書遺言です。 遺産を譲りたい人といっしょに行き、公証人に遺言の内容を告げ、公正証書遺言を作ってもらいます。 立...

記事を読む

NO IMAGE

相続財産とは

土地の売買はあまりありません。不景気なんでねえ。 最近はほとんど相続登記ばかり。専門度はますます上がっていきます。 相続の対象となる...

記事を読む

NO IMAGE

誰にどれだけの相続分があるのか

現在相続分は以下のとおりとなりますが、被相続人が、2代前、3代前のおじいさん、ひいじいさんの名義の土地建物がある場合だと相続分が異なる場合が...

記事を読む

NO IMAGE

遺産相続について/キチッと把握しておきたい、相続の基本

亡くなった方(被相続人)の遺産相続人が誰になるかは重要な問題です。 遺産相続人全員で遺産分割協議を行わないと無効になってしまします。 ...

記事を読む

相続登記はお済みですか月間(無料法律相談)

相続登記はお済みですか月間(無料法律相談)

2月は、「相続登記はお済みですか月間」です 高知県司法書士会単位で各地で無料相談会を実施します。 また、各司法書士事務所でも、相続につい...

記事を読む

NO IMAGE

簡裁訴訟代理等関係業務

いまはやっぱり過払いですかねえ。 この前も弾き直し計算したら250万くらい過払いの方がおられました。  簡易裁判所における紛争の請求...

記事を読む

NO IMAGE

これだけは知っておきたい相続のポイント|はじめに

「これだけは知っておきたい相続のポイント」は、日本司法書士連合会の小冊子です。 2001年のものですが、相続についての基本的なこと、問題点...

記事を読む

NO IMAGE

法定後見制度(後見・保佐・補助の制度)とは

法定後見制度(後見・保佐・補助の制度)とは すでに判断能力が不十分な方を対象に、本人や親族、市町村長等の申立てにより、家庭裁判所が適切...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 8