遺産相続 一覧

法定相続情報証明制度で相続手続きが便利になるかも?

法定相続情報証明制度で相続手続きが便利になるかも?

この法定相続情報証明制度の使い道としては、「証明文付きの法定相続情報の写し」を法務局から発行してもらい、金融機関に提出することで預貯金の解約...

記事を読む

NO IMAGE

相続登記の必要書類

Q&A形式で回答します。 Q.相続登記の必要書類はどんなものがあるでしょうか。 A.ここでは、あなたが妻で、夫(被相続人)が...

記事を読む

四万十市で相続登記に関する無料相談会を実施します

四万十市で相続登記に関する無料相談会を実施します

毎年2月は、「相続登記はお済みですか月間」として、 日本司法書士会連合会と各都道府県が無料相談会を実施しています。 高知県司法書士会...

記事を読む

NO IMAGE

長男の「面倒」をどう評価するかにかかっている。

けさ遺言についてテレビでやってました。 遺言をするのは70代ぐらい、遺言できる人(15才以上)の1割弱しか遺言しないようです。 一般的に...

記事を読む

NO IMAGE

遺産相続における意外な盲点

うちの事務所は田舎の方なので、比較的男なら長男が、女なら姓の変わってない人が遺産を相続をするってことが多いように思います。 相続の...

記事を読む

NO IMAGE

被相続人の財産を最低限相続する権利が遺留分です。

被相続人の財産を最低限相続する権利が遺留分です。 特定の人に全部相続させるなんていう遺言があっても、遺留分として請求できる相続人がいます。...

記事を読む

NO IMAGE

正しい遺言書を遺すには、公正証書が一番。

正しい遺言書をのこすには やはり公正証書遺言が一番です。 自筆証書遺言、秘密証書遺言などもありますが、遺産を残したい人と一緒に公証役...

記事を読む

NO IMAGE

遺言はどんな効力を持つか。

一番確実なのはやはり公正証書遺言です。 遺産を譲りたい人といっしょに行き、公証人に遺言の内容を告げ、公正証書遺言を作ってもらいます。 立...

記事を読む

NO IMAGE

相続財産とは

土地の売買はあまりありません。不景気なんでねえ。 最近はほとんど相続登記ばかり。専門度はますます上がっていきます。 相続の対象となる...

記事を読む

NO IMAGE

誰にどれだけの相続分があるのか

現在相続分は以下のとおりとなりますが、被相続人が、2代前、3代前のおじいさん、ひいじいさんの名義の土地建物がある場合だと相続分が異なる場合が...

記事を読む

1 2